MENU

肝硬変を防ぐ方法記事一覧

肝硬変は、肝臓が硬くなってしまう変化のことをさしますが、その前段階として肝臓の炎症、つまり、肝臓が何らかの状況で防御反応が出てしまっている状態です。この状態を肝炎と呼ぶわけですが、この肝炎には大まかに下記のような種類があります。1.ウイルス性肝炎B型肝炎やC型肝炎などの血液感染によるウイルス感染で、ほとんどの場合は、早期治療や予防接種により防ぐことができますが、放置することにより慢性肝炎になる可能...

肝炎の原因は、ウイルス性肝炎、アルコール性、脂肪性肝炎と様々なものがあります。ウイルス性肝炎にはなぜかかる?ウイルス性肝炎の大半は、血液や体液から感染します。ウイルス性肝炎には、A~E型と呼ばれる肝炎の種類があります。このうち、かかりやすいのはA型肝炎で、大体4割り程度がこのA型肝炎にかかります。では、なぜA型肝炎が多いかといえば、一番感染力が強いからというのももちろんですが、その感染経路が人間の...

肝炎には様々な種類がありますが、どのような肝炎があるのでしょうか?ウイルス性肝炎A型~E型肝炎まで存在する肝炎で、A型肝炎、E型肝炎は海産物や飲み水からの経口摂取、B型肝炎、C型肝炎、D型肝炎は血液感染などでおきます。日本ではA型肝炎が一番多いとされていますが、現在では発症例は減少しているようです。ただ、海外に旅行などに行く方のかかる大半はこのA型肝炎ですが、ワクチンもあるうえに、重篤化しにくいと...

肝炎の治療は、前提として「医師への診断」を受けることが第一条件です。病気は個々の症状や状況によって違うため、例えば肝臓が痛いから「〇〇病」なんて安易な判断はできません。インターネットを見ているとそういった〇〇病かも?といったことがずらーっと書かれてはいますが、結局のところそれを判断できるのは医師だけのため、考える前に診察を受けることをおすすめします。特に肝炎については数値に表れやすいため、肝臓に異...

C型肝炎ウイルスは血液から感染するもので、日常生活をしている場合はあまり感染のリスクはないように思います。しかし、C型肝炎は、B型肝炎と同様の感染率が高い肝炎として知られています。C型肝炎の感染経路は?C型肝炎は血液感染が多いですが、血液感染には以下のようなものがあります。・輸血・手術・薬物(覚せい剤など針を使うもの)・刺青・ピアス・性行為・母子感染(感染率は低い)・肝炎を放置しておいた結果など輸...

B型肝炎のウイルスが多い母体からは、赤ちゃんがほぼ必ずといっていいほどの割合でB型肝炎に感染します。その後、将来慢性肝炎及び、肝硬変などの発症リスクが常に高い状態になってしまいます。そのため、生後12時間以内に感染防止策をすることが求められます。ただ、現在では、生後2か月、3か月、7~8か月に予防接種の摂取時期があります。この時期をしっかりと予防接種を打つことでB型肝炎については予防策としては終了...